VISA Paywaveのタッチ決済が超便利で海外におすすめな件

先日シンガポールに行ったんですが、結構なタクシーでVISAが使えなかったり(MastercardやJCBは使えた)、いろんなところでVISAのクレジットカード提示するとなんか機械にかざされたりしました。

調べてみると、シンガポールではクレジットカードの支払もNFCでの支払いが主流になっているようで、VISAでいうとPaywaveというかんじのようなので、いろいろ調べました。実際にVISA Paywaveのカードもゲットしたので、これについて書いてみたいと思います。

シンガポールの電子決済状況について

ホーカーズとかの屋台以外は、だいたいクレジットカードが利用できるようになっていたり、バスや地下鉄などはEz-linkという日本で言うSuicaみたいなカードで支払ができるようになっています。ただ、いろんな店でクレジットカードを出すと「NFCでかざして払えるでしょ?」前提でカードかざせって言われました。

というのも、日本では全然まだ普及していないですが、クレジットカードでの支払はVisa payWaveやMastercard Contactlessといった非接触決済がシンガポールではあたりまえになっているみたいです。VISA Paywaveについては↓の記事でも書いてみました。

ANA VISA GOLDカードにVISA Paywaveが搭載!おすすめな理由

あとはNETS(Network for Electronic Transfers(Singapore)Pte Ltd)が非常に普及していて、これも非常に便利な非接触決済手段として主流になっているようです。ただ、NETSの利用にはシンガポール現地での口座が必要なようなので、私がシンガポールを訪問している間には利用できませんでした。

VISA payWaveについて

ということで、現地銀行の口座がなくても利用できるVISA payWaveについて調べて、カードも取得したのでこれについて書いてみます。

まず日本で取得できるVISA payWaveに対応しているカードで取得できるのは後述のWEBサイトで紹介されている三井住友銀行の発行するデビットカードや住信SBIネット銀行の発行するカードに現状は限られるようです。http://www.visa-news.jp/contactless/

私はメインバンクが三井住友銀行でもともと三井住友銀行のデビットカードは持っていたので、payWaveに対応しているデビットカードに更新することにしました。こちらのカードについてはこのページから申し込みができるのでご興味ある方は申し込んでみて下さい。(ちなみにiDもついてて結構便利そう。)

VISA payWaveが普及しているのはシンガポールをはじめマレーシア、韓国、香港、オーストラリア、イギリスなどということで現状はまだ限られた国であるようですが、これらのテリトリーによく行く方は重宝する決済手段かと思うので一枚持っていて損はなさそうです。(めっちゃ普及してるので払う時に「Paywave!」って日本で言うSuica的なのりで言えば大丈夫です。)

更に、日本でもいよいよVISAさんが普及に乗り出すようなので、これからより利用できる範囲は広がっていくかもです。楽しみですね。

それでは。

アメリカでもMastercardでApple Payが使える。海外でもApple Payで便利。

海外出張のおすすめ持ち物まとめ

ABTCがあると海外出張がはかどる話。超オススメABTC

海外でもMasterCardならApple Payが使えてiPhone一つですむ話。

20代・30代のクレジットカードならコレ!おすすめ①ANAワイドゴールドカード

コメントを残す