iPhone XRは重い?バッテリー持ちは?慣れたら最高だった!

どうもYuuです。

この秋からiPhone XRを使い始めました。以前はiPhone7だったので、今3-4ヶ月XRに切り替えてみてのレビューを書いてみたいと思います。

<最初は重量と大きさへの抵抗感が強かったけど慣れた>

元々がiPhone7だったので、そこからするとiPhone XRはめちゃくちゃでかく感じて、正直使い始めてもすぐ戻りたくなるんじゃないかと不安でした。

というのもiPhone XRはディスプレイ6.1インチ、縦150.9mm、横75.7mm、厚さ8.3mm、194gというダイナマイトボディ。iPhone 7の138gから50g以上重くなっています。

ただ、使ってみると慣れるもんです。使う前の不安なんてどこへやら。ただ、最初につけたiPhoneケースは分厚過ぎたので、かなり薄めのケースに買い換えました。まあでも1500円ぐらいのものです。(あとはiPhone 7にスマートバッテリーケース付けてたのでそもそも合計240gぐらいだったので、この時よりは重さは全然軽くなってたのも大きかった。)

これだけでかなり体感がiPhoneそのままぐらいのサイズに感じられるようになって、だいぶましになりました。ある程度快適で、ボディの大きさを感じにくくなりました。

大きさもですけど、まあ正直、男性でも片手で入力するのは結構大変です。

画面左側のボタン、特にQWERTYキーボード使っている人は数字切り替えとかaとかは片手では打てないのは打てないです。

ただ、両手で打てばいいので立ち止まって両手で打っている分にはすごく打ちやすくて、今ではストレスも結構少なくなりました。

今ではiPhone7のキーボード使ってみると小さすぎて打ちづらいぐらい。人間結局慣れてるものが使いやすくなっていくものです。そして、大概慣れるもんです。

ちなみに、女性の手だとより大きくは感じるんでしょうけど、そもそも片手ではキーボードあんまり打てない前提で使っていれば、

めちゃくちゃ重いわけでもないし、あとは慣れで全然快適に使えるんじゃないかなーと思います。

<なにより表示面積が大きくて画面が大きいのが快適>

iPhone7などにあった物理ホームボタンがなくなって、全面スクリーンになったので表示面積が大きくて閲覧はすごく快適になりました。ニュースやkindle、動画を見ているときも快適だし、日経新聞の紙面データや雑誌データも読みやすいですね。ここはやはりiPhone7と比べるとかなり快適です。悪い面はあんまりないです。

<顔認証は安心だけど、指紋認証の方が断然快適だった。日本人には絶対不評だろう。>

物理ホームボタンがなくなったことで指紋認証がなくなったことは大きな変化です。基本は顔認証を使うようになっています。

顔認証も基本はすごく便利です。ロック解除するときやキャッシュレス決済するときなど、iPhoneを顔にかざすだけでロック解除できて

便利なんですけど、いかんせん顔が見えないとロック解除できません。

なので、マスクをしているとロック解除できない。(風邪予防とか飛行機乗る時とか以外とマスクする機会多い。)ベッドで横になっていると髪で顔が全体捉えにくいせいか解除できない。(寝床でごろごろスマホ見たい時に、私の場合はちょい顔を起こして解除するっていう感じになってます。)

という感じなので、今の所めっちゃ不便に感じること多いです!特に日本人は冬よくマスクするだろうから地味にストレス溜まってる人めっちゃ多いのでは?と思う。

ただ、指紋認証は寝ているときにでも指紋を当てられるとロック解除できてしまうのに対して、顔認証は目をつぶっていると認証されないっぽくて、これは安心ですね。(何回か目を閉じたまま試してみましたけど認証されませんでした。)まあ、パートナーとかに見られて悪いものどれだけあるかとかがあると思いますし、取り敢えずマスクしてるときとかめんどくさすぎるので指紋認証もなんとか復活することを希望します!

<バッテリーがすごく長持ち。>

バッテリーはめちゃめちゃ性能良くなりましたね。フル充電でほんとに一日ふるふる持ちます。テザリング数時間して、GPS使うマップも使って、タクシーアプリも使って一日行動してても結構モバイルバッテリー無しで行けます。ほんとすごいっす。快適。

↓iPhone7の時はSmart Battery Case使って、本体とケースフル充電してても、ぎりぎりか一日持たないときもあったのに、iPhone XRは本体だけでかなり余裕あります。技術の進歩恐るべしです。

<動作は超快適。動作が重くなることは皆無。>

こちらに関しては正直iPhone7でも少なかったですけど、やっぱりiPhone XRになるとほんとに重くなることが全くなくなりましたね。動画だろうが、テキストアプリだろうが、遅くなること皆無で快適です。

<カメラ機能がAIで協力になってるから普通の人でもきれいに撮れる。>

iPhone XSや11のデュアルカメラとは違ってXRはシングルカメラではありますが、画素数は1200万画素(1.2メガピクセル)で日常をきれいに撮るには十分すぎるんじゃないでしょうか。

そして、AI補正の開発がかなり進んできてからだと思いますが、かなり楽してきれいな写真が撮れるようになっているなと思います。標準のカメラアプリでそのまま撮ってももちろん1200万画素なのできれいなんですが、ポートレートモードなどを使えばユーザが操作しなくても対象物に自動的にピント合わせてくれて、ボタン押すだけで背景のボケたかっこいい写真が撮れます。もはやカメラの腕がなくても、ある程度しっかりした写真が取れちゃうって、ほんとカメラの補正技術すごい。

ポートレートモード。超絶簡単に背景ぼかしのかっこいい写真が撮れる!

撮影技術に無頓着だけど、切れない写真は撮りたいっていう人の方が圧倒的多数でしょうし、かく言う私もそんな感じなので、こういうめちゃくちゃ手軽にいい感じの写真が撮れるのはものすごくありがたいですね。

動画もマイクの集音性能が素晴らしいので、セミナー会場でちょっと遠目からペットボトルなどに立て掛けてiPhoneで取ってるだけでも余裕であとから見返しやすいきれいな映像と音が撮れます。

はい、ということで、正直使い始めた当初は予想できなかったほどの満足度で、正直べた褒めの記事になりました。

iPhone7 以前などの機種を使っている人で、iPhone 11やXSに10万円出すほどでもない、という方には5万円前後で買えるiPhone XRはめちゃくちゃおすすめです。(今のiPhone下取りに出すなら4.5万円で買えるようですしね。)

クリスマスやお正月には新しいiPhoneに切り替えを検討されてはいかがでしょうか?

それでは。

コメントを残す