Apple Payのうまい使い方。FaceIDがうまく認証できないことへの対処法。

どうも、Yuuです。

最近、iPhone XRに切り替えて使い始めています。iPhone 7から切り替えたので端末が大きすぎて重いことや、指紋認証が使えなくて携帯のアンロックがうまくできなかったりすることにフラストレーションがあったりもしましたが、やっぱりまあなれの問題が大きくてすぐに慣れてきました。大きければそれはそれでWEBも閲覧しやすいし、両手で持ってれば文章も打ちやすいし、これはこれでありかもと思うようになってきています。

ただ、そんな中でも一つだけなかなか慣れなかったことがあって、それがiDやApple Payで決済するときに、FaceIDの認証があるんですけど、それをスマホをレジにかざしながらやるとどうしてもうまくロック解除がなかなかできなくて手間取ることが多くて、いろいろ角度変えたりして試していたんですけどうまくいかなくてどうしたもんかなーと思っていました。

これに関して昨日やっと解決策がわかったので、これについて書いてみたいと思います。

で、結果としてはもともとは以下の手順で支払いをしていたことが問題だったんですが、皆さんはまだこれでやってませんか?

①携帯ロック状態から右側のボタンダブルクリックでデフォルトで登録してあるiDのカードを出す。

②携帯を決済端末にかざす。

③決済端末にかざした状態でFaceIDの認証を試みる。

④なかなか認証終わらない・・・なんとか認証完了して支払い完了。

ただ、本当に偶然支払いのときにスマホを見たままにしていたら気づいたんですけど、以下の手順に変えれば良かったんですよね。

①携帯ロック状態から右側のボタンダブルクリックでデフォルトで登録してあるiDのカードを出す。

②決済端末にかざす前に手元でFaceIDの認証。認証完了!

③決済端末にかざす。

④既に認証完了しているので、一瞬で支払い完了!

なぜ、こんな簡単なことに気づかなかったのか!!??という感じではあったんですけど、意外となぜか全くこの発想が思いついてなくて、特にWEBで調べることもせず日々を過ごしていたら、なんかたまたまFaceIDの認証もいつの間にか終わってて、端末にかざすだけだと気づきました。

ということで、Walletアプリに登録したクレジットカードで電子マネーやApple PayのFaceID認証がなかなかうまくできないという同じ問題に悩んでいる人がいたら、決済端末にかざす前に先にFaceIDの認証は済ませてしまってから、決済端末にかざせばスムーズに決済できます、ということで解決です。

それでは。よいキャッシュレスライフを。

コメントを残す