持久力を上げるにはトマトジュース

どうも、Yuuです。

皆さんトマトジュース飲んでますか??

私は毎日めっちゃ飲んでます。

トマトジュースを毎日飲み始めて4ヶ月ぐらいになるのですが、すこぶる調子がいいです。悪酔いしないし、疲れにくいし、病気はなかなかしないし、今の所いいことだらけ。

そんなトマトジュースの持久力や運動への影響について今日は書いてみたいと思います。

トマトジュースのリコピン、抗酸化作用で持久力が上がる。

そうなんです、トマトに豊富に含まれる抗酸化作用の高い物質のリコピンですが、抗酸化作用が強く、細胞の劣化を防いでくれる作用があります。これはつまり疲労がたまりにくい、疲れにくいということですよね。なので、運動への影響も結構あるんです。

ただし、リコピンは一度の接種だけでは大きな効果を発揮することはできず、継続的に摂取していくことで血中のリコピン濃度が上がり、抗酸化作用をいかんなく発揮することができるようになるようです。

そのため、毎日継続的にトマト(リコピン)を取るトマトローディング(アスリートのレース前のカーボローディングはよく聞きますよね。)が、今注目されているようです。

ちなみに、私はお酒も結構よく飲むので、飲む前・飲んだあと・起きたときなど結構たくさんトマトジュースを飲みます。500mlぐらいは一日飲んじゃうので、かなり多めに取ってしまっているのですが、一般的には一日200-300ml、コップ一杯ぐらいを毎日飲むのでいいようです。

驚異の抗酸化力。超持久力アップ

ランニング自体は5年以上前から続けている私ですが、いつも走っていた距離は5kmほど。かなり頑張って走った時に7,8kmに到達して、そんな時にはかなり疲れ切ってしまって、そのあとの活動はままならないことも多かったのがそれまででした。

しかし、トマトジュースを飲み始めてからというもの、前日に結構お酒を飲んだりしていたとしても、5kmぐらいはお茶の子さいさいです。5kmではそこまで疲労度がありません。なので、ぐんぐん距離を走ってしまいます。1週間に2,3回は8-10kmぐらいを走るようになり、最近では10-13kmを60−90分で走るようになってきました。

もちろんこれぐらいのランを終えたあとは結構疲労感はありますし、なかなか体温が下がらず汗が止まらないとかはあるんですが、以前のように全然動けなくなってしまうということはありません。よく朝に走るのですが、10kmほど朝に走ったあとに会社にいっても清々しく一日働くことができています。

特にトマトジュース以外に変えた習慣ってないので、これは間違いないと思います。

まじで、恐るべしトマトジュースの威力。

10kmぐらいが日課みたいな感じになってくると、結構ハーフマラソンとかはちょっと頑張れば余裕じゃね??的な感覚になってきました。流石にレースじゃない日に20km走るのはかなり大仕事感はあるので、今の所この距離を頻繁に走ろうとは思いませんが。(持久力はあっても、けっこう膝とか体への負担は大きいので、そこの大変さは結構感じる。)

ということで、トマトジュースを飲み続けている私はどんどん持久力も上がっているのでした。いったいこれからもっとどれだけ走れるようになるのか。

皆さんもトマトジュース飲んで走ってみてはいかがでしょうか。

それでは。

その他のおすすめ記事は↓こちら

コメントを残す