トマトジュースが二日酔いに効くのか検証。おすすめなトマトジュースの効果!

どうもYuuです。

今日はトマトについて、というよりもトマトジュースについてか、書いてみたいと思います。

以前テレビでトマトの健康効果がフィーチャーされたり、医者が一番気をつけて取っている健康食材でトマトが 一位だったりと都心のトマト熱は加速していますね。スーパーでも大量にトマトジュースが入荷されているようですが、いつも品薄な感じです。そんなわけで私も実際に検証をしてみたんですが、これがすごい効果なので書いてみたいと思います。

注目したのはトマトの二日酔い解消効果

トマトが紹介される健康番組とかは私も見ていたんですが、その時はそこまでの興味は惹かれておらず、たまにスーパーでトマトジュースを買って健康にいいならたまに飲もうかなーぐらいでした。

ただ、ある日↓の記事に出会ったんですよね。で、私は結構お酒たくさん飲む方で(けっこう飲む。)、二日酔いにはなんとかできないもんかと対策をずっといろいろ探してたけど決定的なものはなくて、最近はとりあえずお酒飲む量を減らす感じにしてました。
http://careersupli.jp/lifehack/tomato-dranker/

でもこの記事ではトマトが悪酔い、二日酔い対策にやばいほど効く!
ということで、トマトジュースを大量に買って実際に検証してみることにしました。実際、そのままのトマトを取るよりもトマトジュースの方が濃縮されていてたくさんのトマト成分をとれるようですので、トマトジュースの方がより効果を発揮しやすいようです。

効果のある成分:リコピンの抗酸化作用、クエン酸、ビタミンC、GABA、糖分

トマトの成分で二日酔いや健康に効果がある主な成分はこれらのようです。
・リコピン:言わずとしれた抗酸化作用の高い成分。疲労、日焼け、老化防止に効く。
・クエン酸:疲労軽減効果。胃をスッキリとさせる。
・ビタミンC:アルコール分解酵素の活性化。
・βカロテン:弱った胃の粘膜を保護
・GABA:自律神経のバランスを整える副交感神経を優位にする働き。肝臓機能の向上も促進し二日酔いの辛い症状の緩和。
・糖分:同じく肝臓でのアルコールの分解を促進。

検証開始初期からある程度効果あり

現在検証開始して1ヶ月ほど経過しました。その中でお酒を飲んだのは15-20日間ほどでしょうか。この期間は出張がかなり多く、会食なども含めてかなりお酒を飲む機会が多かったです。

そして、検証のためトマトジュースを飲み始めたんですが、私のやり方は結構極端かもしれないですが、700mlぐらいのトマトジュースのペットボトルを持ち歩いて一日飲んでいく形を試しました。(いろんなところで見る推奨の摂取量は100-200mlってなってるので、取りすぎかもですが、検証結果をわかりやすくするのにこれぐらいでやってみました。あとなるべく食塩無添加のものにして塩分は心配しなくて良いようにしました。)

お酒を飲む際には特に気をつけて下記のタイミングでトマトジュースを飲みました。
・お酒を飲む前:1,2口。
・お酒を飲んでいる途中:1,2口。
・お酒を飲み終わってから、帰って寝るまでの間:3,4口。
・朝起きてから:時間を起きながら3,4口。

いろんなサイトを見てみるとお酒を飲む前と飲んでいる最中にトマトジュースを飲むのも効果があるとなっていたんですが、私はこのタイミングに関しては実感が薄くて、どちらかというと飲み終わってからと起きてからトマトジュースを何口もがぶ飲みする感じで飲んだのが一番聞いた気がしました。

たくさんお酒を飲むとやっぱり眠りが多少浅くなるのは変わらないように思います。そして、やっぱり朝の起きがけはやっぱり多少お酒が原因のお腹の重さや体のダルさは多少あります。ただ、9時の出社に向けて6時過ぎに起きたとして、この時はつらくても、起きがけにトマトジュースを2,3口がぶがぶと飲んで、それから朝食を食べます。それからまたサプリメントなどを取るのにトマトジュースを飲みます。そうしていると辛さはほとんどなくなってきてて、全然早朝ランやジムにもいけるぐらいの感覚になります。
実際この1ヶ月は結構お酒飲んでいても6時には起きて朝食を食べて、7時ぐらいから5-10kmランと筋トレをしてから仕事に行くというのがそこまで苦がなくできる感じでした。

これまでだったら、正直ある程度お酒を飲んだら朝ランはだいぶ無理しないといけなかったんですが、それが10kmぐらい走って疲労度もそこまででもないという状況になりました。

正直、前日まったくお酒を飲んでいないときと比べたらパフォーマンスは同じとは言えませんが、朝9時からいつもの7,8割ぐらいでは全然活動できる、午前中10時11時には9-10割に回復しているみたいな感覚でした。これまでは前日相当深酒したときなんて、午前中はよくて5-6割、午後2-3時になってやっと7-8割ので精一杯だったんですけどね。

最初はこれぐらいの効果の感じ方でした。

トマトローディング(リコピンローディング)で効果アップ?!

検証開始すぐから効果は感じていたのは先に書いたとおりです。ただ、感覚としては徐々に効果が高まってきて、運動の持久力、夕方以降も動ける持久力、気持ちの落ち着きなどの効果も出てきたように思ってまたいろいろ調べてみると「トマトローディング」というのも最近注目を集めているようで、この徐々により効果が出てくることも理にかなっているようでした。

トマトローディングというのは、トマトを継続的に摂取することで血中のリコピン濃度を高めて、その効果を高めることらしい。リコピンは継続的に摂取することで体内に蓄積する。そしてその抗酸化作用の高まりが、活性酸素のたまりやすい負荷の高い運動に効果を発揮するということで注目を集めているらしいです。最近はカーボローディングとともにトマトローディングをすることが長距離ランナーの間では広まってきているとか。

参考:カゴメさんのサイトhttps://runnet.jp/project/kagometl2014/index2.html
   Numberさんの記事 https://number.bunshun.jp/articles/-/783307

ということで、ほぼ毎日トマトジュースを飲む生活が始まってからしばらくして、より一日の持久力がついたのは間違いない気がします。この一ヶ月は5時間以上のフライトも5回以上あって、北米にもいっていたにもかかわらずまだ体調は崩していないし、200km近く走っているので、正直これまではこんなの考えられなかったぐらいです。

あとは夕方以降の持久力が上がりました。かなり集中して仕事していたときなんかは夕方5・6時ぐらいでかなり疲労感が高くてあまり動けなくなることもありましたが、最近はトマトローディングのおかげなのか全然動ける感覚になってきました。

トマトジュースはメンタルも強化する?

もう一つ効果が出ているんじゃないかと思うことがありまして、それがメンタル強化にトマトジュースが効くんじゃないかという話。
私はセミナーや商談で人前で話すことも多いのですが、いつもセミナーでは数日前から緊張しながら準備や練習して、当日もすごい緊張しながら本番を迎えて、終わったらどっと疲れが出てくるみたいな感じだったんですが、今回トマトジュースを毎日飲むようになってから初めてのセミナーや商談をこなす中で以前よりもだいぶ落ち着いていて緊張しにくく、自分でもびっくりしました。
これはトマトの整腸作用が効いているのか、GABAの副交感神経への作用やリラックス作用の効果なのか、まだちょっとわからないですけど、まあたまたまなところもあるかもしれないので、今後もこの辺りはモニタリングして効果を確かめていきたいと思います。

ということで、トマトジュースの効果検証について書いてみました。
めちゃめちゃ効く!って感じの文章になってしまいましたが、正直誇張も全然なくて、主観的な盛り上がりを多少削って考えて書きました。なので、トマトジュースはかなり周りにもおすすめしたいぐらいです。
では、皆さんもぜひ参考にしてみて下さい。

その他のおすすめ記事は↓こちら

コメントを残す