バンコクでAIRSIM試してみました。AIRSIMは使えるのかレビュー

どうもYuuです。

以前↓の記事で書いていたAIRSIMですが、今回バンコクであらためて試してみましたので2018年8月現在のAIRSIMの状況をお伝えします。

AIRSIM試してみました。

以前はバンコクだとAIRSIMは結構不安定な印象で、あまり積極的に使っていなかったのですが、今回はある程度使える状態になっていたかなーと思いました。

基本的にはdtac 4G回線を利用しての利用となります。

まず、バンコク市内に関してはそこまでスピードが出るわけではないですが、まあ使えないこともないという感じでした。午前中など、まだ利用が頻繁でない時間帯??なのかは、安定してスピードが出ていたのですが、午後になると急にスピードが出なくなったり、やはり品質が安定していません。MVNOとしてAIRSIMさんが取得している帯域幅が狭いとかなのか?

なので、一応スマホ利用もテザリングでPC利用もある程度はできます。が、正直安定しない。そして、遅い時間帯が結構あります。遅い時間帯は100Kbpsいかなかったり・・・。

そのため、回線速度を要求される作業だったり、デモがある場合はその際の対策は考えておいたほうがいいレベル。というのがまだ現状かな〜という感じでした。

あとは、バンコク市内を離れると多少電波が弱くなるところもビジネスで使うには不安なところがありました。

やはり今のところはタイはAISなどの大手キャリアの

SIM購入か、ローミングがやっぱり最強

まだMVNOやAIRSIMみたいなサービスは品質が安定しないので、旅行で使う文には全然OKですが、仕事で、しかも商談やセミナーでもインターネットを離床しないといけない方にはまだちょっと厳しそうでした。

ただ、AISのSIMなんかは5日間の2GBプランが99THB(300円ちょい)でチャージできますので、やっぱりこれを利用するのが今の所一番安価に安定したインターネットを利用できる手段のようです。(ローミングも品質は同じかと思いますが、どうしても一日3000円ほどのローミング費用がかかってしまうので、金額でいうと比較になりませんね。。)

オンラインやAISショップ、Telewiz、コンビニなどでTOPUPできるので、頻繁にタイに行く方はこれがいいでしょうね。

ということで、バンコクでのAIRSIM利用レポートでした。

東南アジア出張のタクシー移動はGrabが便利

コメントを残す