UberとLyftの比較。サンフランシスコ、ベイエリアなら断然UberPOOLがおすすめ。

どうも、Yuuです。

最近はサンフランシスコによく滞在しています。その中でUberとLyftを利用する機会が多いので、これの比較について書いてみたいと思います。

5-10分ぐらいの短距離だとどっちもほとんど変わらない

まず、サンフランシスコやベイエリア、いわゆるシリコンバレー界隈で主に利用される配車アプリにはUberとLyftがあります。Lyftは最近上場したように、徐々にシェアを拡大しています。周りでもLyftを利用している人のほうが多いように感じられるのですが、短距離でいうとLyftとUberでも値段含めサービスに大きく変わりはないように思います。

20-30分を超える長距離なら現状は断然Uber(2019年4月現在)

出典:https://www.uber.com/us/en/ride/

ただ、安く長めの距離を乗る場合には現状はUberに軍配があがるのは明確かと思います。というのもUberにはuberPOOLという乗り方があります。

これは目的地に行くにあたって、他に同方向に行く人を募って1つのUberライドで乗り合わせて移動する方式です。Lyftでも乗り合わせはあるのですが、uberPoolではドライバーがピックアップしやすい場所まで歩くことになっています。配車依頼した場所と、目的地に行くルートからなるべく寄り道少なく早く目的地に行けつつ多少歩いてもらうとルートの時間が短くなる場所をシステムが割り出して指定されるようです。数週間結構使っていましたが、だいたい5分以内で歩ける場所が指定されたり、そもそも歩かなくてもよかったりという距離で指定されるようです。

ちなみにベイエリアでいうと、サンフランシスコからサンノゼあたりまで、ある程度の距離をタクシーで移動する人も出張者には多いのではないかと思います。こういった場合は1時間ほどの車移動であったり、長ければ2時間ほどになります。

もちろんCaltrainBART(Bay Area Rapid Transit)などの電車での移動もあるのですが、本数がそこまで多くなかったり、慣れないと時間が読めなかったり乗り換えがわからなかったりするので時間にあまり余裕がない場合はやはりUberがおすすめです。

30-60分ぐらいの移動なら30-50ドルほどで移動できるので、一人で移動する場合でもある程度利用できる金額ではないでしょうか。(CaltrainやBARTを利用した場合も10ドルぐらいなので、やはり割高ですが時間は半分ほどで移動できる場合が多いので、結構使えるのではないでしょうか。)

ちなみにSFO(サンフランシスコ空港)からサンフランシスコ市内はUberPOOLだと15-20ドルぐらい。Lyftだと20-30ドルぐらいでしょうか。結構違う。

ということで、UberとLyftについて書いてみました。(Lyftの内容が薄くてすみません。またLyftの詳細はアップデートしていきます。)ベイエリアなら2019年4月現在では断然Uberかなということで、皆さんも参考にしてみて下さい。

コメントを残す