アメリカでもMastercardでApple Payが使える。海外でもApple Payで便利。

どうもYuuです。

最近アメリカに出張で行って、その際にApple Payを利用して、これが便利なので書いてみたいと思います。

(行っていたのはサンフランシスコ、ロサンゼルス、ニューヨークなので、他の地域はまた違う可能性あります。また今後各地で検証したらアップデートします。)

アメリカでもなるべくキャッシュレスで行きたい。

私は日本ではApple PayでiDやSuicaを使っていて、かなりキャッシュを使う機会が少ないです。海外でもVISA Paywaveなども利用できるようにしていて海外でもキャッシュレスでいけるようにしています。

そんな中、先日サンフランシスコやニューヨークに出張することになったので、どんな準備をしておくとお金の支払などスムーズにいけるのか準備しました。(外国のお札とか小銭とか持っていると嬉しい気持ちもありつつ、これを店頭で頻繁にやりとりするのは日本のキャッシュレスに慣れすぎた今結構苦痛ですしね。)

Apple Payはアメリカではもちろん色々なところで使える。

サンフランシスコやニューヨークはもちろんAppleのお膝元です。加えて、アメリカはもともとクレジットカード社会であり、どういった店舗にもクレジットカード払いの端末があるので、それらがApple Payに対応しているところが多いです。

そのため、コンビニやスーパー、コーヒーショップ、その他など基本的にApple Payに対応している店舗は非常に多くなっています。

Apple Payを海外利用するならMastercard

その中で、日本のスマホ、日本のクレジットカードを利用している人がアメリカでApple Payを利用するためにはMastercardが一番向いています。

JCBやAmerican ExpressもApple Payには対応しているのですが、Apple Payでも各カード会社の決済に対応していない場合には利用できない場合があります。(JCBやAmexのコンタクトレスの支払いもできるのですが、東南アジアなども含めると対応している店舗数が圧倒的にこれらは少なくなってしまいます。)

そのため、アメリカも含めてより多くの国、多くの場所で利用できるのはやはりMastercardかVISAになります。

しかし、VISAは現状は日本ではApple Payでの支払いはiDなど日本限定の規格での支払いにしか対応していないため、海外での利用は難しい状況です。

ということで、日本で使っているスマホのまま海外でApple Payで、より多くの国でいろいろ支払いを済ませる選択肢は基本的にはMastercard一択かなと思います。

(ちなみに私は普段はANA VISA GOLDカードをメインカードとして利用しているので、これも考慮するとどれからのMastercardに変更することも最近考えるようになりました。海外での決済用には別途ANA Tokyu Mastercardを取得しました。)

Mastercardなら基本なんでも大丈夫っぽい

WEBでいろいろ調べまして、MastercardでもMastercard Contactlessというクレジットカード自体の無線通信決済に対応していないといけないのではないか、などの情報もあるのですが、Apple Payで利用する場合には基本的にApple Payに設定できるMastercardならなんでも大丈夫なようです。

現に私が利用しているANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカードはMastercard Contactlessには対応していませんが、↓のようにApple Payに登録するとMastercardのApple Payとしての利用のIDも発行されていて、実際にシンガポールでもアメリカでも利用できました。

 

アメリカで実際に利用してみる

 出展:https://www.cleveland.com/business/index.ssf/2014/12/huntington_bank_launches_apple.html

実際に各地のコンビニやスーパー、グロースリーストアにいくと上の画像のような端末が大変設置されています。そして、これらの端末は基本的にApple Payに対応しているので、こういったものがあるときは基本的に上述のApple Payで支払いができました。「Apple Pay, Mastercard」って言って支払えば大概大丈夫でした。

これ以外にたまに小さな店やApple Payはいけるはずなのにうまく機能しない店も一つ二つあったので、そこではクレジットカードを取り出してカードで払いました。少し利便性は落ちますけど、アメリカは基本クレジットカードでは支払いできるので、Apple Payとクレジットカードの二段構えがあればかなりキャッシュがなくても大丈夫ですね。(JCBだと使えないところはまだ結構あります。VISAかMastercardがやっぱり取り扱いが多くて安心です。Amexは大丈夫なはずですが、しっかり確認しきれてないです。)

ちなみにApple Payが対応していないお店でもVISA PaywaveやMastercard Contactlessで払える可能性もあるので、こういったカードも持っているとより便利ですね。

VISA Paywaveについて

まとめ

ということで、日本でほとんどキャッシュを持ち歩かずにSuicaやiD、Quickpayなどを使ってキャッシュレス生活を送っている方も、アメリカでもMastercardを使ってApple Payを使えば、快適なキャッシュレス生活・出張を送れることが検証できました。(もはや日本でもいつもメインカードで使っているANA VISA GOLDもMastercardに変えて決済を全部Mastercardに統一してしまおうかと思うぐらいです。ただ、マイル交換などの効率やこれから主要キャリアにする航空会社については精査しきれていないので、現状はまだANA VISA GOLDのまま行くつもりですが)

皆さんも試してみたら感想や足りてない点などぜひ教えて下さい〜!

シンガポールで利用した際についても下記で書いているので見てみて下さい。

海外でもMasterCardならApple Payが使えてiPhone一つですむ話。

ANA VISA GOLDカードにVISA Paywaveが搭載!おすすめな理由

海外出張のおすすめ持ち物まとめ

飛行機での体調管理にはコレだ!トマトジュースは絶対飲むべき

アメリカでもMastercardでApple Payが使える。海外でもApple Payで便利。

コメントを残す