キムチの乳酸菌を検証する

どうもYuuです。

昨今、キムチの健康効果がテレビで取り沙汰されてからキムチダイエットが流行ってるみたいですね。私も以前から腸を整えることが究極的には疲れにくい体や整った自律神経を作るんだと考え始めていたので、自分も実践してみることにしました。

キムチで腸内環境が整う。

キムチがダイエットや体調管理に聞くのはその整腸効果のためのようです。ご存知の通りキムチは発酵食品です。白菜や大根などの野菜ににんにくや唐辛子、コチュジャンなどを加えて発酵させます。そのため、乳酸菌とともに食物繊維が豊富に取れるようになっています。

更にこちらの「やまでら くみこ のレシピ」さんの記事によるとキムチの乳酸菌は

「ヨーグルト1gに含まれる乳酸菌の数は、およそ6千万個。それに対して、キムチ1gに含まれる乳酸菌の数は1億にも及ぶそうです。またキムチには「ラクトバチルス・サケイHS−1」という最強乳酸菌が含まれている。」

ということで、より強力な乳酸菌で数もかなり多いみたいです。

 

夜に、生のまま、小皿一皿分食べる。

Nikkei Styleの記事でも書いてありましたが、キムチの乳酸菌は熱に弱いとのことで、一番いいのは生のまま食べることのようです。更に、夜は消化器官の活動が少なくなっているので、消化期間内での滞在時間が長くなることで腸内の善玉菌を増やしてくれる可能性が高くなるとのこと。ただし、塩分や韓国人は胃がんが多いと言った情報もあることから食べ過ぎはせず、夜に小皿一皿分食べるぐらいがよいみたいです。(夕飯が外食だった場合も、家に帰ったら軽くキムチを食べてます。)

 

注意:発酵させていない乳酸菌のあまりないキムチだと意味ない。

スーパーでよく売っている「国産キムチ」みたいに書いてあるキムチで多いのが発酵させていなくて、キムチ味をつけているだけの浅漬けがとても多い。そのため、購入時にはここに注意して選びたい。

見分けやすいのは↑の「キムチくんマーク」のついたものを探すことらしい。これは韓国産熟成発酵キムチにのみ掲載が許可されている韓国政府認定の証だそう。参考:http://www.atcenter.or.jp/item/list/kimuchi.php

ちなみに市販の牛角のキムチにはこのマークついてたし、あれはOKみたいです。

 

検証中。

キムチを毎日食べる生活を始めてから1ヶ月ほどが経ちました。一番感じるのは、腸がぎゅるぎゅる動いてるのがすごくわかる気がします。そしてキムチ食べてるとやはり整腸効果は高いようで、もともと便秘などはあんまりない方ですけど、お酒で胃腸の調子があんまり良くなかったり、ゆるくなってても、結構速くまたお腹や便の調子を直してくれるように思います。

ただ、体重の大きな変化などは特にないです。今までは糖質制限を意識した食事をしていたんですけど、最近は出張も多かったので普通に食べていることも影響しているかもです。キムチを食べているせいか体重は増えてないですね。

とりあえず、キムチとサバなどのDHA/EPAの多い食品を取って、硬水でミネラル分をしっかり取る生活をもう少し継続してパフォーマンスや体調、体重変動をもう少し検証してみます。(年末年始で飲みすぎたら意味なかったりして。。)

こちらの検証結果はまたアップデートします!

コメントを残す